ミラーレス一眼の進化が凄い

ミラーレスとデジタル一眼レフの違い?

レフレックスのレフが無いのがミラーレスカメラです

簡単に略図で説明します。(ゴチャゴチャして申し訳ありません)
左側の、デジタル一眼レフカメラは光の位置から、撮影対象物がレンズを通してミラーボックスのメィンミラーを跳ね上げ、その間に光は撮像素子に到達、画像処理エンジンの工程で画像になります。
メィンミラーが所定の位置に戻るあいだは、ファインダーは一瞬黒くなり何も見えません。
最近のカメラは、画像処理エンジンが高性能になり、気にならない速さですが~

右側の、ミラーレスデジタルカメラは,すこぶるシンプルで一眼レフの別名フラッグシップが付けられた、ペンタプリズム部分、ミラー部分、AF機構がスッキリ整理され重量も軽くなりました。
写真光束の;屈折が皆無なので、画像処理エンジン処理も回路が単純で、価格的にも女性ファンに人気です。

画像はデジタル一眼を透視した形です。メィンミラーで反射した対象物はペンタプリズムで角度を変えてファインダーに映し出されます。

ミラーレスデジタルカメラ

上記6機種は、ミラーレスカメラのスタンダード的に、馴染みの機器です。当初は、ビューファインダーにタイムラグを感じるとか交換レンズ郡が少ないとか、人気がもう一つ盛り上がらなかったようです。

使い方で工夫すれば、それなりに便利な機能が有りましたが~

ミラーレスデジタルカメラ(イメージセンサー:4/3型以上)

下に至近の発売のものを含めて、纏めました。

敢えて機種名やメーカーは書きませんが、初期のミラーレスカメラとは格段の進歩で、今やデジタル一眼レフカメラの領域を凌駕し、近い将来は逆転しそうです。

メーカーによっては、価格的にもハイエンドカメラを上回る勢いです。
最近、大手メーカも本気度を出して、フルサイズのセンサーを採用したり、そのCMOSを進化させ画像処理エンジンと、入射光を効果的に処理してISO25.600まで増感したり。
新たにミラーレス用に専用ランズを開発したり、目を離せない状況になって居ます。

メーカーごとの呼称も、微妙に違います。

キャノン  :デジタル一眼ノンレフフレックスAF・AEカメラ
ニコン   :レンズ交換式デジタルカメラ
オリンパス :マイクロフォーサーズ規格準拠レンズ交換式カメラ
フジフィルム:Xミラーレスデジタルカメラ
パナソニック:レンズ交換式デジタルカメラ
ソニー   :レンズ交換式デジタルカメラ

デジタル一眼レフカメラ

 


ミラーレスカメラの構成が強く、少し戸惑いを見せる「イチガンくん」に敬意を表して大手メーカーのハイエンドモデルを掲載します。

ハイエンドあるいはフラッグシップの定義は、定かでないようなので一応価格で選択しました。
ミラーレス一眼で43万円の発売価格も有りますが、機能的には比較すること自体に公平じゃないですね。

アマチャーの写真好きとは一線を画す、業務用の場合全く違う話になるでしょうが~

自分に合ったカメラを選ぼう~

カメラのハード的な部分は、終わりますが『これを買えば間違いありません』と言うカメラはありません。
皆さんの好みや用途に合ったカメラが有ると思います。若し今回この記事がお目に留まったら、思い出してカメラ選びに役立てて下さい。

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA