Windows10の基本操作

Windows10の起動

スタート(ロック画面)

1、電源を入れると、画面のような時刻と日付と曜日が表示されます

サインイン画面

2、キーボードの「Enter」を押すと、「サインイン」の画面に替わります。
*microsoftにアカウント登録している場合、「パスワードボックス」に設定してあるパスワードを入力する。
*Windowsに登録すると「PINコード」を設定し起動をよりじんそくにできる。
*未設定の場合、この記事の巻末に標準的な設定を≪追記①Windowsのアカウント設定≫で記載しておきます、ご参考に!

3、パスワードを入力して、「Enter」を押す(または、ボックスの右端をクリックする)
サインインすると、デスクトップまたは「スタートメニュー」が表示される。

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

メニューとアプリケーション

(以降アプリと表示します)

デスクトップ

1、「デスクトップ」アプリやファイルを表示して作業をするスペース

2、「タスクバー」の説明

①「スタート」ボタン(ウインドウズのアイコン「スタートメニュー」とスタート画面を表示する
②「検索ボックス」場所を多く取って居ますが、使わないので不要な機能≪追記②検索ボックス非表示≫で記載
③「アプリ」重要なアプリや、デスクトップで使用しているファイルなど
④「通知領域」実行中のアプリやシステムの情報が表示される

メニューとアプリ

3、前の画像で「ウインドウズアイコン」をクリックしますと、①~④のメニューとアプリのタイルが表示されます。この」状態は、常在アプリもありますので、自分好みにカスタマイズが必要です。

①「ユーザーアカウント」あなたの登録したアカウント名」が表示されます
②よく使う「アプリ」が表示されます
③「タイル」と言われています、自分好みにタイルを移動して左側に頻度の高いものなど右側にはゲームなどを集めればいいでしょう
④この部分は「電源」「設定」「すべてのアプリ」などPC機能の中枢部で、重要なボタン類です

◎記事の中で、詳細を省略した部分を掲載します

追記①Windowsのアカウントの設定


①Microsoftのホームページへアクセスして、設定する方法です(この場合、e-mailのアドレス取得済前提です)
*若し、e-mailのアドレスをお持ちでない場合は、≪追記③Outlookの設定≫を記載しておきます。ご参考に!
②メールサーバーは、MSN以外でもOKです。□マークのチェックはご随意に

アカウント設定

③名前は、漢字ですから全角で入力してください

名前の登録

④国と生年月日です(登録しても公開はされませんから、正確に入力してください)

国/地域と生年月日

⑤コードは、最初に入力したメールアドレスの「受信フォルダ」に着信して居ます

コードの着信

⑥ご自分宛てのメールを確認して、「4桁のコード」番号を「入力ボックス」に入力して、「次へ」を押す

コードの入力

⑦確認「コード」入力で、登録完了です。メールの通知があります

登録完了

Sponsered Link



追記②検索ボックスの非表示

①「検索ボックス」とは?「タスクバー」の左端に大きなスペースで設定されている。
この検索ボックスにキーワードを入力して「Enterキー」を押すと、
●パソコン内のアプリ(プログラム)
●パソコン内のファイルやフォルダ
●パソコンの設定画面
●インターネット
の内容を検索表示する

タスカバーの「検索ボックス」

 

②この機能に替わるツールもあるので、ご紹介します

メニューとアプリ

③Winの「スタートマーク」を押します

検索ボックスの代わり

④Winの「スタートマーク」押して、マウスのポインターを放さず「検索ボックス」と入力すると、上記の画面のようにそのキーワードに関する項目が表示されます。

検索ボックスの非表示

⑤タスクバーの何も表示の無い場所で「右クリック」します

タスクバーのメニュー

 

⑥タスクバーのミニメニューを「Cortana」→「表示しない」とたどってゆきます。

追記③「OUTLOOK」のアカウント設定

1、Microsoftに初めてアクセスる人を想定して、ご案内します。

メニューとアプリ

2、タスクバーは、現行のPCで「アプリ」や「機能のアイコン」が表示されていますが、「検索ボックス」は消えています。

3、「スタートマーク」にマウスポインターを残した状態で、文字入力を続けると「Cortana」の機能が表示されます

「Cortana」再現

4、赤枠の入力欄に、必要な文字を入力します

検索結果

5、「OUTLOOK新規」まで入力しただけで、結果がでます
6、「検索結果」にWEb情報を含めて「OUTLOOK」の新規作成の関連記事キーワードが表示されます
7、Webの結果を見るをクリックする。

Web検索

8、Microsoftの記事から「新規アカウント作成」を選んで開く

新規メールアドレスを取得

9、新しくメールアドレスを作成して・・・・を選択します

アカウント作成-1

10、「新規メールアドレス取得」をクリックします
11、2段目のアカウント作成で、アウトルックの「メールアドレス」

アカウント作成-2

12、名前と国/地域・生年月日を入力します

登録完了

13、これで、アカウント情報の入力が完了しました。この後、入力情報が、実在の人間が行ったのか確認作業があります。

*【実在する方によってアカウントが作成されていることを確認させていただきます】という欄に、画像または音声に含まれている文字を入力します。

画像確認

14、英数字を読んで、まったく同じように入力します。視覚認識が困難な場合、次の画像で音声で流れる文字を入力します

音声確認画面

15、以上の方法で、「本人確認」が完了して「アカウント」が有効になります。

16、最初の「アカウント作成」-1で、設定したメールアドレスの「受信トレイ」に、メールサイトからメールが着信しています。

OUTLOOK新規確認メール

17、このようなメールが着信すれば、「OUTLOOK」で」メールの送受信ができ、Windowsの確認メールもスムーズに進行します。

続きは、アプリと機能の説明を続けます。

 

Sponsered Link



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA